ネクタイ・シャツ・ユニフォーム | 別府市 株式会社 都ネクタイ

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年9月にの連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

都ネクタイは創業当初からネクタイ販売を中心とした業務を取り組んできました。
しかし、時代の移り変わりの中で地球温暖化の発生、その対策としてクールビズの実施、それに伴いネクタイの需要は半減し、現在では夏場のネクタイの存在価値が問われる状況になってきたといえます。

冠婚葬祭の席、一世一代の会議の席、彼女のご両親にご挨拶に伺う時、常に男性はネクタイとともに気を引き締め大舞台に臨んできたのは確かです。

しかしこれからは、夏場の服装はネクタイを外し、カジュアルなポロシャツを制服として首元開襟を推奨。

冬場の服装をYシャツ・ネクタイとすることでSDGsの目標でもある。

目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
目標13「気候変動に具体的な対策案を」にたいして弊社も向き合っていきます。

そしてこの取り組みを広げていくことでSDGsの目標達成に貢献していきます。

都ネクタイ 会社としての具体的な取り組み

SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」

・インフルエンザの予防接種の推奨
 予防接種を行う社員(パートを含む)に会社からの補填金を用意している。

SDGs目標5「ジェンダー平等を実現しよう」

・女性社員(パートを含む)を多く採用することで女性の社会進出に貢献している。
・パートタイムの業務時間を10時から16時とすることで小さな子供を持つ親御さんでも働きやすい環境となっている。

SDGs目標8「働きがいも経済成長も」

・仕事とプライベートの両立のため週休二日制の確立と残業無しを目指している。
・役職を持つ者が率先して有給をとる事で有休消化率100%を目指している。

SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」

・夏場の仕事服をポロシャツとすることでエアコン、クーラーなどの節電につなげCO2排出を抑えることに貢献している


都ネクタイ 社員としての具体的な取り組み

SDGs目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」
SDGs目標12「つくる責任つかう責任」

・こまめな消灯や不要な機材の電源を日々切る努力を行う。
・日々のゴミの分別をしっかり行う。
・不要な袋をもらわないよう心掛けるなど各自が出来るエネルギーの節約やゴミの少量化を行う。
上記のSDGs以外の目標についても行える取り組みは率先して行っていく